Help

11.03.24.男谷精一郎屋敷跡(墨田区両国4丁目)両国公園 勝海舟生誕之地

  • 76

Photos: 11.03.24.男谷精一郎屋敷跡(墨田区両国4丁目)両国公園 勝海舟生誕之地

Photos: 11.03.24.松平左衛門尉中屋敷跡(墨田区両国4丁目)両国公園 Photos: 05.04.06.男谷精一郎屋敷跡(墨田区両国4丁目)両国公園 勝海舟生誕之地碑

mixiアルバム「墨田区両国3・4丁目/男谷信友/吉良義央」
コメント 2012年02月17日 00:48コピペ

●男谷信友――
おたに のぶとも。
下総守。通称 精一郎。号静斎、蘭斎。幼名新太郎。
寛政10(1798)年~元治元年(1864)年。
幕末の幕臣、剣客。
直心影流男谷派を名乗る。
門下から、島田虎之助、榊原鍵吉などを輩出。その実力の高さから「幕末の剣聖」と呼ばれることもある。


文化2(1805)年、8歳のときに本所亀沢町、直心影流剣術12世 団野源之進(真帆斎)に入門。
さらに、平山行蔵に兵法を師事。
また宝蔵院流槍術、吉田流射術も学んだ。
文政6(1824)年、団野から的伝を授けられ、麻布狸穴に道場を開く。
文政12(1830)年、男谷彦四郎の養子となる。
天保2(1833)年、書院番に昇進。
嘉永2(1849)年、御本丸徒士頭となる。
安政2(1855)年、講武所開設。信友は講武所頭取並、剣術師範役を兼務。
信友は水野忠邦が老中の頃から、講武所開設の建議を積み重ねてきた成果である。
安政5(1858)年、師・団野の死により、亀沢町の道場を譲られ、移る。
文久2(1862)年、下総守に叙任、講武所奉行となって禄高3000石を与えられる。
文久3(1863)年、14代家茂の上洛に際し旗奉行を兼ねる。
元治元(1864)年、67歳で没。文化7年生まれ説では享年55となる。
深川増林寺に葬られたとされる。


江戸時代後期まで、剣術各流派の多くは、他流試合を禁じていた。
直心影流剣術も同様で、やむをえず立ち合う時は、「負傷責任なし」の誓約書を相手に書かせた上で、防具を使わず木刀で立ち合った。
松平定信が武芸奨励を施作後、他流試合が行われるようになり、これを積極的に実践して広めたのが男谷信友や伊庭秀業だった。
信友は、防具・竹刀を用いて打ち合い、申し込まれた試合は一度も拒まなかった。(江戸府内に立ち合わなかった者はいないといわれるほど。)
試合は、どんな相手でも三本のうち一本は相手に花を持たせた。されど誰一人として「花」の一本より勝ちを取ることができず、底知れぬ実力と評された。
しかし大石進だけは、先取がせいぜいで、大石得意の左片手突きをかわすことができなかったという。
温厚な人格者として知られ、応対は親切丁寧で高ぶるところがなく、「君子の剣」と称された。
天保から弘化にかけての一時期、島田虎之助、大石進と並んで「天保の三剣豪」と謳われた。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.