Help

NHKニュース7「まだ生きるんだからね」生死を分けた“その時”「堤防決壊の千曲川。緊迫の一部始終が…。ここは畑や住宅が広がる場所で川ではありません」氾濫した水は津波の様…家ごと流されそうな濁流【動画】

Photos: NHKニュース7「まだ生きるんだからね」生死を分けた“その時”「堤防決壊の千曲川。緊迫の一部始終が…。ここは畑や住宅が広がる場所で川ではありません」氾濫した水は津波の様…家ごと流されそうな濁流【動画】

Photos: NHKニュース7「航空自衛隊員:長かったですね頑張りましたね」生死を分けた“その時”「各地で救助。西日本豪雨を超える浸水。宮城丸森町14日」ヘリ降下し隊員の優しい声「地震の北海道厚真町からも支援物資」 Photos: NHK各地の様子ライヴカメラ“東日本と東北でまとまった雨”「動画解説どうなる?週末の雨。避難所の防寒対策が課題」+日に日に冬の寒さ…被災の皆様が心配です。我慢せず優しい人に暖を話をして少しでもホクホク

NHKに届いた緊迫のスマホ動画がニュースで流れました。いまや視聴者が現場です。

【動画】千曲川決壊 住宅街に流れ込む濁流 10月17日
「千曲川の堤防が決壊した長野市穂保地区では、住宅街に濁流が押し寄せ大規模な浸水被害が起きました。当時、住宅が濁流に飲み込まれ2階に避難した女性が救助を待つまでの緊迫した状況を動画で撮影していました。
【午前5時39分 ごう音とともに濁流押し寄せる】
動画を撮影したのは千曲川の堤防が決壊した場所から、300メートルほど離れた場所に住む20歳の女性です。
当時は67歳の祖母と34歳の叔母と一緒に自宅にいました。
穂保地区では今月13日の午前1時ごろには水が堤防を越えてあふれだし、午前4時前ごろに決壊した可能性があるとみられています。
女性が撮影を始めたのはそのおよそ1時間半後の午前5時半ごろで、ごう音とともに濁流が押し寄せ、赤い車の屋根まで水位が上がっていました。この時、3人は2階に避難していて女性の叔母が祖母に対し、「お母さんまだ生きるんだからね」などと、声を震わせながら励ましていました。
【午前6時 車も完全に水没 川のように】
そのおよそ20分後には、水位が上昇し、屋根が見えていた車も完全に水没していました。
家の周りは川のように大量の水が流れていますが、ここは畑や住宅が広がる場所で川ではありません。
【午前6時16分 水が自宅の2階近くまで】
また同じころに自宅の中を撮影した動画では1階部分が水没し、階段から水が2階近くまで迫ってくる様子が確認できます。
【午前6時32分 濁流がすさまじい勢いで】
隣の家では濁流が壁や窓を激しく打ちつけ、すさまじい勢いだったことがわかります。
【午前7時5分 千曲川堤防決壊の様子も】
そして午前7時すぎに撮影した動画では、自宅からおよそ300メートル離れた場所で堤防が決壊した様子も撮影されています。
撮影した女性と叔母と祖母の3人は、このおよそ1時間後の午前8時ごろに、自衛隊のヘリコプターによって救助されけがはありませんでした。
撮影した20歳の女性は「堤防が決壊したとみられる時には、ゴーという地鳴りのようなごう音が聞こえました。家ごと流されて、死んでしまうのではないかという恐怖を感じました。救助されて家族と会えた時には涙が出た。こんなことになるなんて全く想像していなかったので、助かって本当によかった」と話していました。」【動画】↓
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191017/k10012136181000.html

「決壊し氾濫した」といっても今までの箇所のニュース映像は、チョロチョロやドボドボでしたが、この視聴者の映像は動画やこの写真を見てわかるとおり、住宅街に田んぼに高速で濁流。3.11町を飲み込んだ大津波の映像を思い出させます…家ごと流される強さがあります。

「まだ生きるんだからね」震える叫び声で叔母が祖母を励ます。娘さん20歳はスマホで動画を冷静に撮り続ける。
1人じゃない「仲良し家族」なのも幸いだったかもしれません。「励ましあえた」

「二階」に「3人仲良く絆ある家族」で「避難」し「家が丈夫で濁流に耐えた」「深夜から早朝まで3人も耐えた」「自衛隊のヘリが救出に来た」全てが奇跡ですね。「ハゲ二階」と変わってこの恐怖を庶民の生活の辛さを寒さを動けない身体を泥水を「そのおちょぼ口に」飲ませて味合わせたい、美味しいでしょ。

これほど恐ろしい災害の映像を見ると「避難する“命を守る”重要さ」強く伝わります。「膝くらいまでなら濡れて歩こう…家が泥水浸水で掃除大変…」のん気な甘い考えになりがちですが、ここまでくると「家が掃除が修理が…」なんかどうでもよく「死ぬ!人生終了。」「死にたくない…こわいよ…」「逃げたい」生きるか死ぬか?だと思います。自分だったら家ごと流されてたかも…死んでたかも…とても、災害はこわいです。。

※10.18_25:33現在。関東は予報どおり寒い冷たい雨です。深夜に大雨です仮堤防、これ以上の被害はやめてください。台風後からもうずっと冬です。晴れないし日中も深夜も寒い。自衛隊機は連日飛びまくりがんばっています。
寒さゆえ、古いやかんを出した、3年もの。錆びて水垢だらけだった、そんなひどい状態でも洗っても取れない汚れのまま、水入れて沸かして使いだした。もぅBRITAの冷たい水が飲めないほど寒い日々。暖かい食もない。せめて、お湯。お湯だけ飲んでも、身体は現在の気温までならギリ暖まります。水では冷えてしまいます。
被災者が心配です。

『ふるさと納税【令和元年 台風19号災害支援緊急寄附受付】長野県千曲市災害応援寄附金』
同様に『他多数の被災地からも』
https://twitter.com/y4uk/status/1185224086592446464

Albums: Public

Favorite (2)

2 people have put in a favorite

Comments (1)

  • あきかん

    亡くなられた方に哀悼の意を表します…これ以上被害が増えないように祈るばかりです。

    10-19-2019 06:48 あきかん (5)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.